あれはスポーツ中継ではなくバラエティ番組でしょう

亀田大毅視聴率ラッシュ…深夜で異例平均3.8%
 通常の深夜のボクシング中継は、番宣もせずにひっそりと行われているのだから、比較することが間違いだ。それに、一連の亀田三兄弟ものは、スポーツ中継ではなく、「ガチンコ!ファイトクラブ」に連なるバラエティ番組だから比較してはいけないものだ。
 5月5日に大毅も試合をすることが急遽決定したそうだ。相手はキティポップ・サンディジム(タイ)。またタイ人である。兄同様、タイ人との試合を重ねて行くつもりなのか。
 
 こんな報道もある。
協栄ジム会長、亀田大毅2戦目に関しJBCに抗議へ
 
   判定勝利に終わった亀田大毅のプロ2戦目(17日、後楽園ホール)から一夜明けた18日、大毅が所属する協栄ジムの金平桂一郎会長が、大毅戦でのレフェリングと今後のレフェリングについてJBC(日本ボクシングコミッション)に強く抗議する旨を明らかにした。
 金平会長は「大毅君にとって、今ここで6ラウンドの試合をするのは今後のボクサー人生において良かったことだと思う」と前置きしつつも、きのう17日の試合進行およびレフェリングについては、いまだ怒りが収まらない様子だった。
 「プロモーターの立場から言わせていただくと、あの試合進行について危惧している。倒されないことだけに徹する相手の戦い方もひどかったが、それをさせないためにレフェリーがいて、進行があるんです。試合中に相手選手に警告を与える権限をレフェリーは持っている。過去にも消極的な試合をした選手にはダウンが取られた例もあるんです。あれではプロボクシングが成り立たない」と金平会長は持論を展開。その上で、「特に大毅君のような選手相手の試合だと、今後もああいう展開は出てくる。しっかりとした試合を見せられるようなレフェリングをしていただけるよう、JBCにはちゃんとした形で申し入れたい」と、文書などの形でJBCに強く抗議していくことを語った。
 それでも実力があるのならKOしなければならないという意見があるのも事実。それについて、「それはもっともなこと。まったくもってその通りです」とも語る金平会長。実際に、大毅、父・史郎氏は「ああいう相手でも倒さなアカン。未熟やっただけ」と試合後に話しているという。しかし、プロモーターという立場からすると、17日のような試合は「今後のボクシングのためにも」あってはならないことだと金平会長は語り、亀田一家とは関係なくプロモーターとして抗議することを強い口調で語った。
[ スポーツナビ 2006年4月18日 17:38 ]

 何を逆切れしているのか理解不能。レフェリングが悪いというのなら、ローブローの連打を容認した長男の試合のレフェリングはあってはならないことなのだが。ダウンもせず、ダメージもない選手をKO負けにしろというのか。ボクシングジムの会長とはとても思えない発言である。

[PR]

<< ダビンチ・コード , 子供の戯言、リングにかけろじゃ... >>