真剣には取り組まないでしょう

野球留学問題を説明 高野連が少年野球団体に
 日本高野連が、入学金や学費が免除される特待生待遇が、日本学生野球憲章13条の規定に触れる違反であることを把握しながら、何ら対策も取らず、放置、黙認してきたわけだから、少年野球側から「特待生が駄目だとは知らなかった」といった声が上がるのは当然のことだ。少子化で生徒集めに懸命な学校経営者にとっては、甲子園出場は何にも増して宣伝効果があり、これからも野球留学は減らないだろう。高野連にとっても無名の学校が出場するよりも、伝統校、常連校という名前が知れた高校が出場したほうが、集客効果も見込めるから、この問題に真剣に取り組むとは到底思えない(高野連という組織は、元々、甲子園大会を円滑に運営するために結成された組織である)。
 

[PR]

<< スケバン刑事 , 当たり前でしょう >>