タイ人相手に連続KO記録更新を狙うのか 亀田大毅

亀田大毅が入門会見「兄弟で1番タフ」
ボクシング亀田3兄弟の二男大毅(16)の協栄ジム入門が17日、決定した。来年1月10日にプロテストを受け、2月にもデビュー戦を行う。プロテスト合格後は年7〜8試合の試合をこなす予定。
 会見に臨んだ大毅は「兄弟の中で、1番タフ。いつも鍛えているし、自信がある。デビュー戦からKOを続けて記録を塗り替え、最終的には世界王者になる」と意気込んだ。目標は浜田剛史の持つ15連続KO記録の更新。
 2月に予定されるデビュー戦は、6回戦では破格のメーン、TBSのテレビ中継も内定している。「パンチ力あるKOシーンを見てほしい」と話していた。日刊スポーツ

 兄と同様にデビュー戦はかませのタイ人なのだろうか。兄同様、タイ人相手に連勝を重ねて、浜田さんの記録を更新しようとする魂胆なのか。
 本人は自信があると言っているが、ボクシング雀たちの評判では兄弟の中で一番センスがないらしい。

[PR]

<< 何を考えているんだか , 亀田、KO賞&新鋭賞を拒否! >>