小林興起の泣きべそ

新党は選択肢 小林興起前衆院議員
 あの威勢の良さはどこへやら、「みのもんたの朝ズバッ」でも小池環境相に対して旗色悪かったし。あれだけ格好を付けて青票を掲げて投票したのに、郵政民営化には賛成だったなんて、小池大臣でなくても、つっこみたくなるわな。
結局、情に訴えて、涙を流し、土下座をするのだろうね、この人は。戦う姿勢を見せれば、同情票というのもでてくるだろうけれど、今のように被害者面していては、同情票は掘り起こせないだろうね。反乱軍なら反乱軍らしく戦えばもう少しなんとかなるのだろうが。
 新党参加問題にしても、緊急避難的措置ってアホだよね。そんなことを言ったら集まる票も集まらなくなるよね。はったりでもいいから打倒小泉のために新党に参加するみたいな威勢のいいことを言えばいいのにね。全く空気が読めていないよね。そういったことが言えないあたりが、お勉強がよく出来たであろう元官僚の限界なんだろうね。

[PR]

<< 広岡の恨み節 , 高野連をやめろ >>