ありがとうございました

<二子山親方>人気集めた元大関貴ノ花が死去、55歳
 本当に好きでした。優勝は2回で、結局は横綱昇進は果たせなかったけれど、100Kgそこそこの計量でありながら、立ち合いに変化するようなことはなく、常に真っ向勝負という姿勢は、今の力士も見習う必要があると思います。
 今でも脳裏に浮かぶのは、昭和47年初場所の北の富士との取り組みである。土俵中央での北の富士の外掛けを貴ノ花は弓なりになってこらえ、アマレスの反り投げのように左後方に捻ると、北の富士は思わず手をついた。この手がつき手かかばい手かで揉めに揉め、場所後に木村庄之助が引退する騒ぎになった。下半身にもう一つ魂があるといわれた粘り腰は驚異でした。
 ご苦労様でした。そしてありがとうございました。
 

[PR]

<< さすが売国新聞社 , まずそー >>