立派なお題目ばかり唱えても

文春広告の一部を黒塗り 「協力費」報道で朝日新聞
 報道機関としては恥ずべき行為ですね。事実ではないのならば、紙面で堂々
と反論すればいいわけだし、個人とかと違って反論する場があるわけだからね。

朝日新聞綱領
国民とともに、の決意を記す

 朝日新聞の紙面は、客観的で公正、敏速なニュース報道と、進歩的で中正な評論、多角的で掘り下げた解説を目指して編集されています。その理念を定めたのが、4項目から成る「朝日新聞綱領」です。現在のものは、サンフランシスコ講和条約が発効し、日本が独立を回復して間もない1952年に制定されました。戦争の時代の紙面づくりへの重い反省に立ち、新しい時代に言論人として国民とともに歩んでいく決意を込めたもので、朝日新聞のすべての社員が行動の指針としています。

一、不偏不党の地に立って言論の自由を貫き、
  民主国家の完成と世界平和の確立に寄与す。

一、正義人道に基いて国民の幸福に献身し、
  一切の不法と暴力を排して腐敗と闘う。

一、真実を公正敏速に報道し、
  評論は進歩的精神を持してその中正を期す。

一、常に寛容の心を忘れず、
  品位と責任を重んじ、
  清新にして重厚の風をたっとぶ。


立派なお題目ばかり唱えても実態がこれではねえ。ホント、文春の言うようにブラックジャーナリズムだね。

[PR]

<< 観客ゼロで , よりいっそうの審判技術の向上が不可欠 >>