よりいっそうの審判技術の向上が不可欠

柔道世界選手権でビデオ 初の導入、判定材料に
 大相撲でもビデオを参考に勝負を決めているのだから、柔道でも導入されて良いと思う。アマレスではいち早く導入しているが、結局、誤審はなくならない。あくまでも参考にするだけで、最終的には人間が判断するのだから、審判技術の向上が不可欠だ。ビデオを導入して安心ではなく、今まで以上に審判技術の向上に努めるように、IJFは指導して欲しいと思う。
 アテネ五輪で男子60kg以下級で五輪三連覇を果たした野村忠宏選手の決勝の審判を務めた某隣国の女性審判が「野村に旗を揚げたくなかった」と自国の新聞に語っていたが、こういう審判は審判技術の向上云々以前に、オミットされるべきであろう。

[PR]

<< 立派なお題目ばかり唱えても , ホリエモンを自分の子分だと思っ... >>