復権なんかクソ食らえ、謝罪するのは野球機構側

<池永正明氏>復権問題 本人の申し出あれば審査の上解除
 黒い霧事件のさなか、暴力団関係者から高級腕時計をもらった選手がいた。彼は在阪人気球団のエースピッチャーだった。彼は永久追放にはならず、出場停止処分を受けただけだった。彼は引退後、覚醒剤取締法違反で逮捕され実刑判決を受けた。だが彼は永久追放にはならなかった。今も野球評論家としてメディアに登場し続けている。江夏豊である。
 池永氏が復権したところで、失われた池永氏の野球人生が戻るわけではない。池永氏が得ていたであろう報酬を保証してくれるわけでもない。何の意味があるのだろうか。
 時が経ったから許してやろうっていう態度には腹が立つ。謝罪するのは野球機構の側であろう。前途ある若者の未来を閉ざしてしまったのだ。疑わしき罰するという姿勢ならば、なぜ江夏豊も同様な処分がとられなかったのか。池永氏は許されなければならないようなことはしていない。当時の誤った判断を謝罪するのは野球機構側なのだ。
 それはそうと根来はいつまでコミッショナーをやっているんだ。野球界のことを糞味噌に言って辞意を表明したのは幻だったのか。後任がいないというのであれば、俺がやってあげるぞ。根来よりすばらしいアイデアを根来よりも格安の給料でだせるぞ。

[PR]

<< 監視は第三者機関に委ねろ , 退職金も辞退しろ >>