高野連「へんな事教えないで」

高野連「へんな事教えないで」

 日本高野連が6日、昨年12月26日に行われた日本野球機構、日本プロ野球選手会との共同主催によるシンポジウムでのロッテ清水直行投手(29)のけん制指導を問題視し、近日中に選手会と話し合いを持つことになった。清水直は高校生に、ボークスレスレのけん制を伝授。ルール違反の奨励ではなくプロの技術を指導したつもりだったが、田名部和裕事務局長(58)は「開催は、正しい野球の普及が目的。シンポジウムは各地で好評を得ており、プロの協力を得て今後も続けて行きますので、会の発展のために(選手会の)松原事務局長と話し合います」と説明した。
 また同高野連はこの日が仕事始め。2月の学生野球協会・評議員会の審議で、各地区高野連主催の講習会での元プロの一時的指導、現役プロのシーズンオフの母校の施設利用が認可される見通しになっている。脇村春夫会長(72)は「今年は地方を回って、元プロ指導の講習会や加盟校の実情などを見たい」と語った。(日刊スポーツ)
 ボークスレスレの牽制球ならば、ボークではないのだから問題ないのではないか。それを問題だという高野連はおかしい。
 正しい野球ってなんだ。具体的に示してほしい。古い話を蒸し返すが、ヤンキースの松井が全打席敬遠されたような野球は正しい野球なのか。日本全国から選手をスカウトして回ることが正しいのか。
 野球に正しいも正しくないもない。投手が全力で投げたボールを打者が全力で打ち、野手が全力で守り、ランナーが全力で走り、試合に出ない選手も全力で応援する、それが野球ではないのか。それはメジャーでも日本プロ野球でも高校野球でも少年野球でも草野球でも一貫して変わらないものだ。
 プロ野球機構も馬鹿だけれど、高野連も救いようのない馬鹿。改革が必要なのはプロ野球だけではない。

[PR]

<< 買います , 即退陣 >>