やっぱり何の反省もない経営陣 略してNHKだった

海老沢会長、非難の嵐もやっぱり辞めない…生特別番組
 視聴者からの意見に海老沢会長が答えるという趣旨の番組だったはずが、海老沢会長は従来の主張を繰り返すのみで、なんら答えてはいない。本人はガス抜きのつもりだったろうが、これが致命傷になってしまうのではないか。鳥越俊太郎がいうように受信料支払い拒否、保留は鰻登りに増加するだろう。
 私が海老沢会長を含む現在の経営陣に退陣を望むのは、引責などではなく、これからやっていかなければならないNHKの抜本的な改革を、彼らではやれないと思うからだ。彼らに任せておいては改革など絶対に不可能である。自分の地位を守る、自分の私腹を肥やすことが一番大事な人間にできるはずがない。
 海老沢会長は自身の保身には成功したかもしれないが、NHKを満身創痍にしてしまった。あえて殺したとは言わない。まだなんとかなる目が残っているからだ。
今ならまだ何とかなる。重ねて海老沢会長以下経営陣の総退陣を要求する。
 a0020280_10101176.jpg

[PR]

<< 戦争をしたいが中国の本音 , 中国本土からのビザの発給を停止しよう >>