CMカット機能「著作権法違反も」 日枝・民放連会長

 CMカット機能「著作権法違反も」 日枝・民放連会長

日枝久・日本民間放送連盟会長(フジテレビジョン会長)は12日の記者会見で、DVD録画再生機を使ってCMや見たくない場面を飛ばして番組を録画・再生することが、「著作権法に違反する可能性もある」と述べた。電機メーカーなどに何らかの対応を求められないかを検討するため、民放連で研究部会を設けた。
 高性能のDVD録画再生機は、見たくない部分を自在に飛ばす「編集」ができ、CMカットも容易に出来る。日枝会長は「放送は1時間すべてが著作物と考える学者もいる。いろんな問題を含んでいる」と語った。
 十数年前に三菱電機などがCMの自動カット機能付きのビデオ録画再生機を売り出した時も、民放連は販売抑止などを働きかけた。この時は広告主でもあるメーカーがカット機能を手動方式に変えるなどした。
 CMも含めて1時間全てが著作物だとしたら、CMを作った会社とかクリエーターの著作権は認められないことになりはしないか。これは絶対に著作権の拡大解釈だろう。全く、同じクオリティーの物は出来ないとか、コピーは1回までとかの縛りをうけているのだから、CMまでも縛りに加えるのは、消費者を馬鹿にしているとしか思えない。
 民放連もそんなことに研究部会など設置しないで、放送倫理、取材倫理のあり方を検討する部会でも作ったほうがいいのではないか。ボランティアに成り済まして、新潟中越地震の被災者を取材するなんて、酷いと思うけれどね。そう言えば、日枝さんところの系列局の仕業じゃないか。消費者を苛めるよりも自分の足許をしっかりしなさい。

[PR]

<< 国交正常化の必要なし , 沈黙の艦隊でもあるまいに >>