今日が第一歩

選手会と経営側が合意に達し、ストは中止になった。選手会側は、オリックスと近鉄の合併を認める代わりに、新規参入によって球団数は減少しないという実を取った形だ。
 今回の一連の騒動で、日本プロ野球の問題点が、白日の下にさらけ出された。経営側も、選手会も、これからその問題点を是正べく行動を起こさなければならない。大変なのはこれからなのだ。
 今回、ファンの存在もクローズアップされたと思う。9割近いファンが選手会支持に回ったからこそ、こういった結果をもたらしたのだ。経営側はファンのことなど眼中になかった。ファンは無知蒙昧だから、自分たちのやることに黙って従うだろうと高をくくっていた。ファンは馬鹿ではなかった。ちゃんと野球のことを考えていた。そして野球を愛していたのだ。
 経営側はファンの声に耳を傾けることを怠ってはならない。素人風情が何を言うなんて驕った気持ちを持ってはならない。少なくとも野球に関しては、あなた方よりも詳しい。そしてあなたがたよりも野球を愛している。
 今日が改革への第一歩だ。ファンは改革に期待している。ファンを裏切らないでほしい。もし裏切るようであれば、その時はプロ野球の終焉だと思え。
 最後に「たかが選手」と暴言を吐いた人は、この際だから謝罪をしたほうがいいと思うが。たかが選手と無知蒙昧なファンによって、貴方の野望は潰えたのだから。

[PR]

<< 根来暴言 , 瀕死の読売 >>