瀕死の読売

 スト明けの20日に行われた中日-読売の視聴率が9.8%、裏番組のテレビ東京のボクシング世界スーパーフライ級タイトルマッチが10%と、ストで飢餓感があったと思われるのに、低視聴率で終わった。
もう、視聴率に関しては、読売神話は崩壊したと言えるだろう。一度低下した視聴率を取り戻すのは、非常に困難だし、視聴率低下は明らかに、観客数の低下にも密接に繋がってくる。
 パ・リーグの諸君は、こんな瀕死の読売に自分たちの未来を託そうとするのか。ナンセンスである。

[PR]

<< 今日が第一歩 , 読売の社説を読んで >>