読売の社説を読んで

先日の牧太郎のコラムでも思ったことなのだが、新聞記者という人種はなんと馬鹿なのだろう。読売新聞の社説を読んでその思いをまた強くした。馬鹿だからわからないのか、はたまた故意にねじ曲げているのか、事実誤認が甚だしい。この社説を書いた人物は、今までいったい何を見てきたのだろうか。
 新聞記者に必要なのは真実を見極める目だと思っていたのだが、実際には違ったようだ。自分の会社のボスのためには真実をねじ曲げる、そんな輩が曲がりなりにも全国紙と呼ばれる新聞の社説を書いているのだ。呆れてものが言えない。
 こういう人たちによって世論がリードされて行くと思うと空恐ろしい気がする。

[PR]

<< 瀕死の読売 , ハルウララと笠松競馬 >>